杉山さくら

株式会社Sakura Sling project 代表取締役社長。
介護福祉士、保育士としての経歴がある3児の母。元代官山 北村写真機店販売員。
子育てが落ち着いた頃から写真を始め毎日カメラを持ち運ぶ事に不便を感じ、子育てにベビースリングを愛用していた経験からストール状のカメラストラップ『SAKURAカメラスリング』を発案。独学で縫製や起業のノウハウを学び商品化に繋げる。グッドデザイン賞2015受賞。
日本橋三越本店での期間限定催事や、家電量販店での全国展開など、SAKURAカメラスリングの拡販に尽力している。

ベビースリングとの出会い

私が母親になった12年前、母親学級で仲良くなったママ友から「ベビースリング」を教えてもらい、感銘を受けました。

大きな生地にリングが付いているだけのシンプルなベビースリングは、かさばらない、広げたらひざ掛けになる、日差しが強い時には幌にすることができて、汚れたら洗濯が出来て、乾くのも早い。
そしてなにより、幅広の生地で子ども重さを分散させて身体に負担が少なく長時間抱っこが出来る。

お出かけに大きな風呂敷を持っていく感覚で、出先で応用が利き、使用感も良く、私は毎日ベビースリングを使う様になりました。今でも、「これがなかったら子育て出来なかった!」と思うくらい、私にとっては偉大な物でした。

カメラとの出会い

最初はむしろ、カメラを遠ざけていたのですが…

私の父は昔から写真を撮る人だったので、私自身写真との距離は近かったのですが、私がいいと思った父の作品は、大抵が写真サークルの先生には認めてもらえないというボツ作品とのこと。

私が好きな感覚が、写真の世界ではダメなのだから『私には写真は向いていない』とずっと思っていました。

だから、同じ保育園のパパ友・写真家の安達ロベルトさんの素敵な作品を拝見するようになっても『写真をやりたいとは絶対言わない!』という感じでした。


でも、ある時、フラッと立ち寄った本屋さんで長島有里枝さんの『SWISS』(写真集)を読んだ後、「長島有里枝さんの様にフィルムで写真を撮ってみますか?」と安達ロベルトさんに言われた事がきっかけで、写真を始めることになりました。

そして、2012年秋、『これはどこに持っていっても恥ずかしくないカメラだよ』と父から借りたCONTAX T3というフィルムカメラを毎日持ち始めたのが写真との出会いです。

誕生のきっかけ

生地が幅広いのでカメラの重みが分散され、肩凝りも解消

そうしてカメラを持つようになったのが冬だったこともあり、コートの上から革ひもでカメラを持つのが写真を撮るときの定番スタイルでした。
でも翌春、薄着になってストラップが肌に当たるようになると、肩凝りがひどい体質なのもあり、肩が痛くて痛くて、すごく悩まされました。
そこで“肩が痛くならないストラップ”を探してみたものの、市販のものでは見つからず、「そういえば、ベビースリングって肩に負担がかからなかったな」と思い当たりました。

赤ちゃんも抱っこできるぐらいなのだから、きっとカメラでも大丈夫。そう思い立ち、革ひものストラップの代わりにストールを結んで体にかけたとき、

これは…と。その瞬間、全身に鳥肌が立ちました。血の気がひくような、血液がざわざわするような感覚。

「とりあえず肩凝りが治るまで。治ったら革ひもに戻そう」と思いながら使っていた時に、カメラバッグに入れずとも風呂敷のように包んでさっとバッグに入れられる!しかも包むことで傷をつけずある程度の雨もしのげるし、撮りたいときすぐにかばんから出し入れができ、汚れたら拭いたりすることもできる!
いつのまにかその便利さの虜になっていました。

愛用していくうちに、「それすごく面白いから、商品化したらどうですか」とおっしゃって下さる方や「これは面白いアイデアだ」と絶賛してくださる方の声が、商品化のきっかけとなりました。

生地と縫製のこだわり

杉山直筆の制作ノート。本当に独学でした(笑)

【縫製はyoutubeで学ぶ!】


私自身、ミシンのスキルは家庭科で習った知識と、子どもの通園バッグを作るくらいの経験しかありませんでした。

カメラスリングの商品化に向けて、仕様書を書いて工場で生産してもらうはずだったのですが、なかなか伝わらず・・・
今までになかったものを誰かに伝えるには本当に大変で、これは一つでも自分で作って見てもらうしかないんだということに気がつき・・・

結局自分で作ることに。縫製を学ぶ時間もなかったので、生地の裁断の仕方、糸調子の合わせ方、シフォン生地の縫い方などはyoutubeやyahooの知恵袋などで必要なことだけを学び、夜な夜な自分で作ってはボツ・・作ってはボツ・・・を繰り返してカメラスリングの形状を生み出し、ある程度の形ができるようになってきた頃には製造できるくらいのスキルが備わっていました。
そうして、最初は本当に一人でコツコツとミシンで作り上げていたカメラスリングも、現在では日本国内の縫製工場で生産体制を整えられるほどに成長してくれました。

生地を選び、柄の組み合わせを決め、丁寧に仕上げてます

【生地は強度と使用感を大切に】


SAKURAカメラスリング基本モデルには日本製のポリエステル100%を使用しています。
ポリエステルは生地の中でも強度があり、摩擦熱にも強く、色落ちの心配が少ないということ、また発色がいいので私が目指した鮮やかな色合いとデザイン性の高さを実現しやすいことから選びました。

また、「洗えること」「強度があること」を何より大切にしているので、生地選びの際にはちゃんと触って確かめてから製品にしています。

実は、薄手のポリエステルの生地は縫製が大変で、かなり苦労しましたが。。。

それでもポリエステルの生地にこだわり続け、試行錯誤を経て、何とかクリアしました。
生地を探し、相性の良い組み合わせを探す。縫製の工夫を凝らし、丁寧に仕上げる。こうして生まれるサクラカメラスリングは、どうしても一度にたくさん作れる商品ではありませんが、「大切なものと、たいせつなあなたをつなぐもの」をコンセプトに、これからも皆様のお役に立つものを作り続けます!

配送・送料について

  • ● 送料について

    商品代金以外に、送料をお支払い頂きます。
    【送料】
    以下地域は900円
    北海道・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県
    以下地域は800円
    香川県・徳島県・高知県・愛媛県
    以下地域は700円
    青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県・福島県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・山口県・鳥取県・島根県
    以下地域は600円
    茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・新潟県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・富山県・石川県・福井県
    以下地域は1500円
    沖縄県
    ※離島について
    別途料金がかかります。恐れ入りますが、お問合せください。

  • ● 配送業者

    佐川急便

  • ● 日時指定について

    以下の時間帯よりお選びいただけます。
    午前中 / 12〜14時 / 14〜16時 / 16〜18時 / 18〜21時

    ご利用ガイドはこちら

お支払方法について

  • ● お支払い方法

    ・クレジットカード
    ※VISA、MASTERがお使いいただけます。
      
    ・代金引換(佐川急便)
    ※別途代引手数料がかかります。

    ・銀行振込
    ※お支払い方法によっては別途手数料をご負担いただきます。

    お支払いについてはこちら

お問い合わせ

  • ● お問い合わせフォーム

    お問合せには、順次ご対応しておりますが、お問い合せ内容によってはお時間を頂く場合がございます。

    各種お問い合わせはこちら

キャンセル・交換について

  • ● ご注文のキャンセル

    ・商品の返品・交換には初期不良の場合以外では応じられません。
    ・交換後商品の在庫がない場合は交換ができない場合がございます。その場合は返品商品が弊社到着し商品の状態を確認した後、カード会社/銀行各社の規定に基づき、返金処理を致します。
    ※下記の状態のお戻しは交換・返品を承ることができません。
    『箱などの付属品がない』
    『商品に汚れや傷を付けてしまった』など

  • ● 返品送料・誤配送について

    【返品送料】
    配送途中の破損などにより、お客様の手元についた時点で商品に破損・汚れがあった場合、あるいは商品の誤送(サイズ違い、色違い、商品違い)が発生した場合には、送料弊社負担で交換・返品致します。

    【不良品】
    原則として交換返品はお受けできませんが、商品到着日から7日間以内に生じました初期不良に付きましては、交換・返品いたします。

    キャンセル・交換についてこちら